CSVファイルをエクセルで表示する

CSVファイルをエクセルで表示する画像
機能詳細や設定方法
CSVファイルをエクセルで開くと、数字のみのセルをエクセルが数値として扱い先頭の0が消えるなどの現象が起こります。
エクセルを使用してCSVファイルを開く場合は、「テキストファイルウィザード」を使って開いてください。

※基本的にはCSVの作成・編集は、CSVエディタで行うことを推奨しています。
   CSVエディタをご用意できない場合に参考にしてください。
   (CSVエディタはフリーソフト等別途ご用意ください)
CSVファイルの開き方
  1. エクセルを立ち上げます。
  2. 「データ」タブを選択して、[テキストファイル]をクリックします。
  3. CSVファイルを選択して、[インポート]をクリックします。
  4. [元データの形式]で「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択して、[次へ]をクリックします。
  5. [区切り文字]にて「カンマ」を選択して、[次へ]をクリックします。
  6. [データのプレビュー]のスクロールバーを右端に移動します。
  7. キーボードの「Shift」キーを押しながら右端の項目をクリックします。
    ※全ての列が黒く選択されていることを確認してください。
  8. [列のデータ形式]で「文字列」を選択して、[完了]をクリックします。
  9. 「既存のワークシート」を選択して、[OK]をクリックします。
以上の手順で開くと、0が消えずに表示されます。
※このヘルプは、2020年6月に作成された内容です。仕様変更などにより設定方法などが異なる場合がございます。
   ご不明な場合は右下の「この機能について問い合わせる」よりご連絡ください。
ecコンシェル
[PR]
サポート営業日
Copyright ©イージーマイショップ - オープンガイド All Rights Reserved.